歯周病・メンテナンス

お問い合わせ・ご予約 042-707-8255
09:00-12:30 / 14:30-17:30 ※休診:水曜・祝祭日 ※日曜は不定期で午前のみ診療
淵野辺駅 徒歩3分 駐車場完備
WEB予約
メール相談
キービジュアル

【スウェーデンスタイル】

国旗

GBT(Guided Biofilm Therapy)システム

従来の歯周病治療と一線を画す、
より効果的で、より体に優しい治療法

GBT(Guided Biofilm Therapy)という考え方

打ち合わせ

院長

GBT(Guided Biofilm Therapy)とは、従来の歯周病治療とは異なる、新しい「歯周病治療」のシステムです。
歯科先進国のスウェーデンで生まれたシステムで、一番の特徴は「より効果的に、そしてより身体に優しい治療」を追求して生まれたという点です。

従来の歯周病治療は「歯石」に着目したものでした。
もちろん、歯周病の原因となる歯周病菌の塊(歯石)を除去することはとても大切です。
しかし、それだけでは不十分なのは、歯周病が再発したり、なかなか治療が終わらないことからも明らかだと思います

バイオフィルム

GBTシステムは「バイオフィルム」の除去に着目したシステムです。
バイオフィルムとは粘性のある細菌膜、つまり、悪さをする細菌を守るための「バリア」のようなものです。

従来法はこの「バリア」と「歯石」は同じものとみなし、同時に力技で除去していました。
しかし、それでは効果的ではありません。

どう考えても、まずは「バリア」を壊してから、その中に潜む「歯石」などを除去したほうが効果的ですよね?

GBTは上記を行うために考えられたシステムです。
治療の流れをご紹介します。

STEP1診査|お口の状態を診査します

「歯周ポケットの測定」「歯肉の状態の診査」「唾液検査」などを行い、お口の状態を診査診断し、患者さんに現状をお伝えします。

STEP2染めだし|バイオフィルムに色を付けます

診査2

バイオフィルムを視覚化するため、バイオフィルムだけに反応する薬液をつけます。

STEP3処置|EMS社製のエアーフロ―でバイオフィルムを除去

処置

バイオフィルム等を除去していきますが、この工程で「スイスEMS社のエアーフロー」を使用します。このエアーフローがGBTシステムを成功させるためのカギとなります。

EMS

これまでも歯科医院ではエアーフローによる処置が行われていました。
しかし、EMS社製のエアーフローは従来の機器と比較して次のような違いがあります。

違い1バイオフィルムを除去できる

違い2歯や歯茎を傷つけない

従来の機器は歯の表面の汚れしか除去できず、肝心の「バイオフィルム」の除去はできませんでした。しかし、EMS社製のエアーフローは表面の汚れ、バイオフィルム、歯石の他、歯肉縁下(歯肉の中)の細菌までも効果的に除去できます。つまり、今まで効果的にアプローチできなかった部分までアプローチ可能になるので、より効果的な処置ができるということです。

メンテ

また、歯のクリーニング中に「痛み」を感じられた方もいると思います。術者の医術に問題があることもありますが、歯の清掃機器にも問題がありました。
ケースによっては歯や歯肉を傷つけてしまう事もありました。

EMS社製のエアーフローは生体に優しい機器になっているので、処置中に痛みを感じることや歯や歯肉にダメージを与えることはほとんどありません。

※世界の予防最進国であるスウェーデンのイエテボリ大学では、この機器の有効性を認め、すべてこのEMS社のものに買い換えています。

STEP4最終確認|残った歯石をしっかり除去

処置2

処置の最終チェックをします。除去しきれなかった歯石の有無をしっかり確認し、残っている場合は徹底的に除去します。

その他、治療で活用する機器等のご紹介

歯周病治療で利用する各種機器等をご紹介します。

「歯周病リスク」を把握する唾液検査

検査

当院では検査の1つとして唾液検査(任意)を行っています。この検査を行うことで、歯周病だけでなく虫歯リスクや口臭の程度も同時に把握することができます。また解析結果を分かりやすい表にして出力しますので、患者さんからも喜ばれています。

ファイル1

CT(三次元立体画像撮影装置)分析

  • CT1
  • CT2

従来は二次元レントゲンでの診査診断でしたが、当院には三次元で撮影できるCTが設置されております。そのため「」の状態まで精密に分析でき、精度の高い診査が可能となっています。歯周病は「顎の骨」を溶かしていく病気ですので、骨の状態を精密に分析できるか否かが、正確な診断の鍵を握ります。

殺菌水

水

歯周病は「細菌」による感染症です。
つまり、細菌を物理的に除去する事と、目に見えない細菌を殺菌することが効果的です。当院では歯周病菌の殺菌に効果があるPOICウォーターを利用しながら処置しますので、治療効果が高まります。

破壊された歯周組織を回復させる「歯周再生療法」も行っています

歯周病は顎の骨を溶かしていく病気です。
そのため歯周病が進行すると歯を支える顎の骨が少なくなり、歯がグラグラし、最終的には抜歯の運命が待ち受けています。

それを防ぐため当院では「歯周組織再生療法」を行っています。エムドゲインという材料を使用します。

エムドゲインは歯周病で骨が無くなってしまった部分に詰めておくと骨が再生するとされている新歯科材料です。

  • 麻酔した上で、治療する部分の歯肉を切開します。

  • 歯石などの感染部分を清掃し、取り除きます。

  • 歯を失った部分にエムドゲインを塗布します。

  • 切開した歯肉部分を縫合します。

衛生士があなたの健口をサポートします!

集合

予防は「歯科衛生士」が担当します。
歯科衛生士は国から認められた予防処置のプロです。

最後に 担当医からのメッセージ

ちょっと前までは、「虫歯・歯周病になってしまうのはしょうがない事」「歳をとれば歯が抜けてしまうもの」という風潮がありました。

しかし、今では医療の進歩により、「虫歯・歯周病にならないための方法」が確立され、「齢をとっても生涯ご自身の歯で生活できる」ことも可能になっています。

しかし、世界に目を向けると、日本人の歯の健康は非常に悪いのが現状です。
下のグラフを見てみてください。

比較グラフ

このグラフは、80歳以上の方の残っている歯の平均本数と、定期的に歯科医院でメンテナンスをしている方の割合を示したものです。
ご覧いただくと、スウェーデンでは80歳になっても平均20本以上の歯を残しているのに、日本はわずか8本です。

この差は「定期的にメンテナンスしているか否か」の違いです。

しかし、定期的なメンテナンスをしていれば安泰ではありません
これらは、ご自宅での適切なブラッシング等も合わさって初めて達成されるものです。

歯の大切さは、失ってからでないと気づきにくいことは重々承知しています。

しかし、失ってからではもう遅いのです。

今、この瞬間からでも遅くはありません。

定期メンテナンスとご自宅でのお口のケアの両輪が合わされば、生涯、虫歯・歯周病、そして入れ歯やインプラントと無縁な生活を送ることができるという事実を理解し、行動していただけることを切に願っています。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談
電話番号
042-707-8255
住所
〒252-0233
神奈川県相模原市中央区鹿沼台2-10-13 サイトピア102

このページの先頭に戻る