赤ちゃん歯科ってご存知ですか?

お問い合わせ・ご予約 042-707-8255
09:00-12:30 / 14:30-17:30 ※休診:水曜・祝祭日 ※日曜は不定期で午前のみ診療
淵野辺駅 徒歩3分 駐車場完備
WEB予約
メール相談
キービジュアル

赤ちゃん歯科ってご存知ですか?

2021年03月9日

こんにちは!

やました歯科医院です。春の訪れを感じる3月、皆様いかがお過ごしでしょうか。

朝晩はまだまだ冷え込む時期ですので、体調にはくれぐれもお気を付けください。

さて、皆さんは「赤ちゃん歯科」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

「小児歯科」と何が違うの? 同じじゃないの?

と思った方もいらっしゃるかと思います。

近年の研究では、口腔内の環境が全身に様々な影響を及ぼす事が分かっています。

小児歯科では、歯が生え始めたお子さまの虫歯予防や虫歯治療を行っていますが、

「赤ちゃん歯科」はそれよりも早く、歯が生える前からお子さまの虫歯予防、健やかな発育サポートを行います。

歯が生えていない、ミルクを飲む赤ちゃんに虫歯予防? と思われるかもしれませんが、母乳や哺乳瓶を口にする際の姿勢や口の使い方が子どもの発育に関係する事が分かっています。

そして、成長に伴って母乳やミルクから柔らかい離乳食へ進んでいきますが、大人と同じように少しずつ個体の食べ物に慣れ親しむ時、どのような食べ物を食べさせるかが重要です。もちろん、赤ちゃんは自分で何を食べたいか決めることはできず、親と同じものや親から与えられた食べ物を食べます。砂糖を多く使った甘い物が多い、時間を決めずに間食が多い、栄養が偏る食事が多い等、その後の赤ちゃんの食生活や食習慣を決める大事な時期の口腔・健康サポートが「赤ちゃん歯科」です。

虫歯になりやすい子もいれば、虫歯になりにくい子もいます。

自然と歯並びが良い子もいれば逆の子もいます。

遺伝以外の部分で、正しい食習慣や生活習慣によって虫歯になりやすい子でも虫歯にならないようにサポートすることもできますし、逆を言うと虫歯になりにくい子でも、甘い物ばかり食べていると虫歯になってしまいます。

ここで突然ですが、皆さんは1日にどれだけ砂糖を摂取して良いかの目安をご存じですか?

答えは1日25gです。(WHOより)

これはコーヒーシュガーで8本分に相当します。

では、500mlのペットボトルジュース1本に含まれる砂糖はどれくらいだと思いますか?

種類にもよりますが、有名な炭酸飲料だと500mlペットボトル1本で約55gです。

1本で軽く1日分の砂糖接種目安をオーバーしてしまうんですね。

子育て中の一番忙しい時期、こういった事を皆さんご自身で調べる事はとても大変だと思います。

赤ちゃん歯科では、食事や栄養面の専門家である管理栄養士を始め、歯科医師、歯科衛生士がしっかりとタッグを組んで赤ちゃんの健康的な食生活をバックアップしていきます。

栄養バランスの良い食事、虫歯になりにくいお菓子等、管理栄養士がお子さまの健やかな発育を食事・栄養面からサポートし、歯科医師や歯科衛生士と連携して虫歯予防や歯並びのチェック等で健康的な生活習慣と健康的な口腔環境作りをサポートします。

「歯が生えてから」ではなく、歯が生える前から遠慮なくお越しください。

私達がご家族皆様の豊かな食生活をサポートします。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談
電話番号
042-707-8255
住所
〒252-0233
神奈川県相模原市中央区鹿沼台2-10-13 サイトピア102

このページの先頭に戻る